/biologist1742433.html,非常階段はしご5m8m,14471円,スポーツ&アウトドア , サッカー・フットサル , 練習用品,alcatraz-tickets.us,10m,滑り止め窓やバルコニーからの非常階段脱出(サイズ:15m/49.2ft),20mキャラビナー付き安全避難はしご耐荷重性に /biologist1742433.html,非常階段はしご5m8m,14471円,スポーツ&アウトドア , サッカー・フットサル , 練習用品,alcatraz-tickets.us,10m,滑り止め窓やバルコニーからの非常階段脱出(サイズ:15m/49.2ft),20mキャラビナー付き安全避難はしご耐荷重性に 14471円 非常階段はしご5m8m 10m 20mキャラビナー付き安全避難はしご耐荷重性に 滑り止め窓やバルコニーからの非常階段脱出(サイズ:15m/49.2ft) スポーツ&アウトドア サッカー・フットサル 練習用品 非常階段はしご5m8m 信託 10m 20mキャラビナー付き安全避難はしご耐荷重性に 49.2ft 滑り止め窓やバルコニーからの非常階段脱出 サイズ:15m 14471円 非常階段はしご5m8m 10m 20mキャラビナー付き安全避難はしご耐荷重性に 滑り止め窓やバルコニーからの非常階段脱出(サイズ:15m/49.2ft) スポーツ&アウトドア サッカー・フットサル 練習用品 非常階段はしご5m8m 信託 10m 20mキャラビナー付き安全避難はしご耐荷重性に 49.2ft 滑り止め窓やバルコニーからの非常階段脱出 サイズ:15m

非常階段はしご5m8m 信託 10m 今季も再入荷 20mキャラビナー付き安全避難はしご耐荷重性に 49.2ft 滑り止め窓やバルコニーからの非常階段脱出 サイズ:15m

非常階段はしご5m8m 10m 20mキャラビナー付き安全避難はしご耐荷重性に 滑り止め窓やバルコニーからの非常階段脱出(サイズ:15m/49.2ft)

14471円

非常階段はしご5m8m 10m 20mキャラビナー付き安全避難はしご耐荷重性に 滑り止め窓やバルコニーからの非常階段脱出(サイズ:15m/49.2ft)

商品の説明

サイズ:15m/49.2ft

特徴:
*高強度エポキシ樹脂と強力なナイロン素材でできており、非常に安全で、変形防止/腐食防止
*スプリットロープ設計、多層の厚みのある延長
*高品質の熱収縮性チューブ、シールを効果的に保護し、長寿命
*耐摩耗性プラスチックをフックインターフェースに追加して、耐用年数を延長します
*耐摩耗性の高強度マンガンスチールフック、強力な耐荷重/耐久性
*災害/避難/救助活動などの緊急事態で広く使用されます
*登山/登山フレーム/スイング/子供の遊具または裏庭の木にも使用できます
*はしごの長さは、ロープのはしごに掛けたい位置に応じて選択できます

製品の説明:
*名前:太いロープのはしご
*ロープ素材:ポリエステル(耐火/耐張力)
*ペダル素材:エポキシ樹脂
*ペダル距離:40cm/15.7in
*ペダル長さ:30cm/11.8in
*寸法:5m/16.4f t、6m/19.6ft、8m/26.2ft、10m/32.8ft、12m/39.3ft、15m/49.2ft、18m/59ft、20m/65.6ft、25m/82ft、30m/98.4ft
*重量:450 kg/992 lb

パッケージ:
1 *エスケープロープラダー
2 *マンガン鋼フック
2 *拡張ネジ

注:
使用前に必ず安全を確認してください。ロープが摩耗または異常な場合は、使用を中止してください。

品質保証:
納期は20〜25日です。この製品についてご質問や問題がございましたら、お気軽にお問い合わせください。できるだけ早く対応いたします。

非常階段はしご5m8m 10m 20mキャラビナー付き安全避難はしご耐荷重性に 滑り止め窓やバルコニーからの非常階段脱出(サイズ:15m/49.2ft)

感性認知脳科学専攻は、人の高次脳機能である「感性」について分野横断的研究と教育を推進しています。

行動科学領域

行動科学領域では、こころの働きおよび脳の機能について、人や動物の行動科学的研究を多角的に進めています。

神経科学領域

神経科学領域では、6 つの研究グループが分子から構造、そしてシステムに至る様々な観点から複雑な神経機能の解明に取り組んでいます。

感性デザイン学分野

感性デザイン学分野は人間のこころに関連した広範な研究課題を多方面から観察し、人間の感性に基づいて、デザイン開発の全プロセスを新たな観点で提案しています。

感性人間工学分野

よりよい製品やサービスのデザインを目指して、脳活動や行動指標による人間の知覚・認知特性の評価から産業応用のための標準化にいたる研究を行っています。

精神機能障害学分野

精神医学的手法・行動科学的手法・心理学的手法・生物学的手法を用いて、病態や障害の解明および対応方法の開発の研究を行っています。

システム脳科学分野

システム脳科学分野には武井・野上研究グループ、松本研究グループ、設楽研究グループがあります。